生分解性試験BY・FAR Zは、国際規格であるOECD化学品テストガイドラインのBOD法、DOC法に基づいて生分解性の試験を行いました。この試験のパスレベルは、BOD法で60%、DOC法で70%以上であり、この基準をクリアすれば易分解性物質(=環境中で容易に分解する物質)と判断されます。
BY・FAR Zは、Z-Mが生分解性77%(DOC法)、Z-Kが生分解性83%(DOC法)、Z-SKが生分解性95%(BOD法)((財)日本食品分析センター分析値)と判定され、国際規格をクリアした環境対応商品です。





一般の洗剤に含まれる界面活性剤量は、20~70%と多く使用されています。界面活性剤は自然界での分解が難しいものもあり、肌荒れ等の皮膚障害や河川の汚濁、地下水の汚染等を引き起こします。
しかし、BY・FAR Z(バイ・ファー ゼット)に含まれている界面活性剤量はZ-Mで5.5%、Z-Kで4.9%、Z-SKで9.7%と少なく、これを希釈することで界面活性剤量は原液の希釈数量分の1になります。
また、使用している界面活性剤は、自然分解し易い良質のものを厳選しておりますので、それを含めた洗剤そのものも生分解性に優れています。

■本剤は、ABS・LAS・リン酸塩・砒素・重金属・メチルアルコール・蛍光増白剤は含まれておりません。

バイ・ファーゼットメニュー

バイ・ファーゼットの特長

自然と人間への安全性

油流出事故の対策

商品ラインナップ

※ご購入について

当社では、BY・FAR Z(バイ・ファーゼット)を代理店を通して販売しております。
ご購入をお考えの方には、お近くの代理店をご紹介致しますので、お気軽にお問い合せ下さい